お知らせ

<平成29年 岩見沢分会消防連合演習開催>

平成29年7月2日(日)午前 9時00分より北村ふるさと学習館運動広場にて、岩見沢分会消防連合演習を開催いたします。

消防団員が、日頃の訓練の成果を皆様にご披露いたしますので、是非お越しいただき消防団の雄姿をご覧ください。

 

平成28年 岩見沢消防演習の様子

      

   

  

 

消防団とは?

消防団の源は、古く江戸時代に組織された「め組」で有名な町火消しと言われています。

その後、明治時代に私設の消防組が設立され、その後公設となり、警防団時代を経て、ほぼ現在の形になりました。

組織や名称は変わっても、「火消し」の精神は受け継がれ、今も「地域を守る」という崇高な使命感のもと、消防団員は、地域の防災のリーダーとして幅広い活動を行っています。

当事務組合には現在 岩見沢消防団、月形消防団の2団がありますが、どの団員も普段は別の仕事をしながら、消火活動はもちろん、風水害の警戒や火災予防啓発などを通じ、それぞれ地域の暮らしの安全を消防職員と共に担っています。

女性でも入れますか?

もちろん入れます。現在、岩見沢消防団には24名、月形消防団にも11名の女性消防団員がおります。

一人暮らしの高齢者宅の防火訪問や、各種火災予防広報活動に参加するなど活動の場は広がっています。

なお、原則として消火作業や災害の最前線での活動はありませんので、興味のある方は、お問い合わせ下さい。

何歳から入れますか?

18歳以上の方で、消防団の区域に住んでいるか、勤務場所があることが条件です。

健康に自信のある方、地域の役に立ちたいと思っている方、是非消防団に入りませんか。

何人くらいいるの?

岩見沢消防団、月形消防団の2団あわせて517名の消防団員が活躍しています。

お問い合せは 0126-22-4302 まで

全国の消防団のホームページ

トップページに戻る